アップデート情報 | 新機能「エンゲージ」の実態


#1

30

新しくなったPtengineのWebサイトはご覧いただけましたでしょうか?
よく見ると、数箇所に「エンゲージ」という言葉が見られます。

実はこれはPtengineの新機能、「エンゲージ機能」のことを指しているのです!

サイトを優秀な営業マンにする

これを実現するためにサイト運用されている方が多いかと思います。
Ptengineはこの営業マンの健康状態を調べたり
営業マンのトークの何が刺さったのか、
逆にどんなトークが失敗しているのかを
分析するためのツールと言って差し支えありません。

しかし、サイト自体、全てが固定されている状態の中になるため、
厳密には店舗に商品が並べてる状態に留まっているのが多くのサイトの現状です。

つまり、訪問者の課題や状況に合わせた提案がないのです。
これを可能にするのが、このエンゲージ機能です。

どんな機能か

端的に言えば、ユーザーの環境や行動に合わせて、
狙ったタイミングで特定のコンテンツをポップアップ表示させる機能です。

ここまで閲覧いただく途中、右下からポップアップが出現しませんでしたか?
こちらの機能です。
(一度クリックすると二度目は出ない設定をしていますのでご注意ください)

Ptengine管理画面で画像アップロードやテキストを入力するだけで
簡単に配信設定ができてしまいます。


どんな時使えばいいの

例えば、

  • 初めてサイトに訪問したユーザーに対して、自社紹介のページへ誘導する
  • サポートサイトで目的の回答が見つからずにさまよっているユーザーに問い合わせページに誘導する
  • サービスプランのページでじっくり悩んでいるユーザーに対して電話問い合わせを提案する
  • 月間10万円を超える購買者に対して特別クーポンを発行する
  • 申し込みフォームから離脱しようとしているユーザーに電話の問い合わせを勧める

などなど

その他下記のような場合にも有効です。

カート離脱防止して売り上げを●●%あげる、といった事例は
Ptengineでなくともよく聞きますよね?

これがPtengine上で簡単に設定できてしまうのです。

どうしたら使えるの?

こちらの機能はオプションですが、
現在金額は公表しておりません。
少しでもご興味があれば気軽にご相談くださいね。

①製品Webサイトで問い合わせる
②製品内のチャットで問い合わせる
③Ptmindから届くメールに返信する
④cs@ptmind.co.jpに問い合わせる
などでお声がけいただくことをお勧めします。

繰り返しますが、現在はサービスコーナーがあったり、
インフォメーション、会計コーナー、配送サービスセンターなど、

一種のモールのような形で展開されているサイトの状態です。

腕のいい提案上手な営業マンならば、ストレスなく
目的なものを紹介し、その優良体験が購買につながることも
少なくないでしょう。

ぜひこの機能をご利用いただき、
成果を挙げていただけますと幸いです!


よくある質問 | 困った時の目的別機能一覧
レッスン|Ptengineでパフォーマンスサマリーのダッシュボードを作成してみた Vol.2
#2

#3